オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LPSA問題について・その5

連盟から独立して新たに立ち上がった新団体のLPSA。だが当初の予定とは異なり一部の女流のみの独立となった。つまりは分裂という悲劇を招いてしまったのである。ではそこまでして独立した意味はなんだったのか。LPSAの存在意義について考えてみたい。

LPSAの活動で最も評価できるのは普及活動の面である。女子アマ王位戦、中学生女子将棋名人戦、小学生女子将棋名人戦等を主催している。特に若年層の女子大会を創設した点は素晴らしい。女性の将棋人口は少ないため、熱心な普及活動は不可欠である。

また、連盟側の女流の待遇が向上した部分もある。女流四段以上もしくはタイトル獲得経験者は将棋連盟の正会員となれるようになったのだ。分裂騒動の影響から、女流の待遇を改善しようという動きが出てきたのであろう。もっとも、LPSAの女流が恩恵を受けている訳ではないが・・・。

一方、本業であるはずの対局の面では、充実しているとは言えない。成績面では元から連盟の女流が勝っていたが、ここにきてその傾向が顕著である。連盟の女流は日に日に力を伸ばしている。これから先、さらに差がついていくと思われる。LPSAは普及をメインとしていて、あまり対局には熱心ではない様子なのである。ここが問題点である。

細かい話だが、LPSAの公式ブログの公式戦記録一覧を見ても、2008年度分までしか見られない。それ以降の分はどこかに記載されているのだろうか?あと、LPSA独自棋戦における通算成績も見当たらない。しかし、通算成績というのは棋士としての存在価値を示すものである。それを集計して、ファンにわかりやすく公表するのはプロ組織として当然である。そんな当たり前のことも理解していないのだろうか・・・?

自分の印象として、LPSAは公式戦の重要さに対する認識が著しく欠けているように見えてしまう。それがボイコットにも繋がっているように思う。いくら普及で素晴らしい功績を残しても、棋士の本分である対局をおろそかにしていては、なかなか将棋ファンの理解も得られない。LPSAには、本業の対局での今まで以上の頑張りを求めたい。個人的には連盟に再合流して切磋琢磨すべきと思うのだが。

前回の記事

続きはこちら




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。