オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


電王戦開幕、習甦が圧勝スタート!

 注目の第3回電王戦がいよいよ始まった。開幕局の菅井竜也五段-習甦は98手にて後手番の習甦が圧勝、コンピュータの強さを見せつける結果となった。

 本局は菅井五段得意の中飛車に進行。第1図の辺りでは先手が5筋の位をとってのびのびと駒組みしており、先手が指しやすいと見るていた人も多かったと思う。

第1図

第1図より ▲6八角 △5四歩 ▲同歩 △4五歩 ▲同歩 △5四銀(第2図)

 第1図から▲6八角と引いたが、習甦は一瞬の隙をついて仕掛ける。5筋、4筋と2つ突き捨ててから△5四銀(第2図)と出たのが鋭かった。

 第2図では6六に角が出る筋が生じているが、例えば▲5七金と防げば△5五歩と押さえて中央を後手に制圧されてしまう。序盤の駒組みで早くも後手が一本取った形となった。

第2図

 数手進んで第3図。ここから菅井五段に焦りが出てしまう。

第3図

第3図より ▲6五歩 △同歩 ▲4六飛 △5五銀 ▲3六飛 △4二飛 ▲5七金 △5四銀(第4図)

 ▲6五歩と角道を通してから▲4六飛と歩を払う。しかし△5五銀と打たれてあっという間に後手に手厚い形を作られてしまった。第3図では▲5七金くらいだったか。

 後手の△4二飛は不思議な感覚だが、飛車を囲いにくっつけることで更に手厚い形になっている。そして最後に△5四銀と立って万全の構え。第4図までくると手厚さが違いすぎて、先手が勝ちづらい将棋となってしまった。

第4図

 第4図を見ると後手側の駒がきれいに連係しており、非常に美しい形となっている。習甦のプログラマーの竹内章氏は勝ち負けのみならず内容にも強いこだわりを持っているようで、本局はそういう意味で最高の将棋だったのではないだろうか。とにかく習甦の強さが際立った一局であった。


将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。