オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やねうら王が勝利、コンピュータが2連勝

 第3回電王戦の第2局、やねうら王佐藤紳哉六段が行われ95手にて先手のやねうら王が勝利。これでコンピュータが2連勝となり団体戦の勝利に早くもあと1勝と迫った。

 本局はやねうら王が初手▲1六歩と指す波乱の序盤に。とはいえ手が進むと徐々に普通の将棋に戻る。第1図の段階ではは四間飛車対居飛車穴熊の堂々とした駒組になっている。

第1図

 よくソフトは序盤が下手といわれるが、この美しい駒組を見たらとてもそういう風には思えない。立派な序盤であり、このあたりが近年もっとも進化した部分かもしれない。

 第2図は終盤戦の一場面。ここではすでに先手がやや有利だが、ここからのやねうら王の指し手が最も印象に残った。

第2図

第2図より ▲2五飛 △6四香 ▲4八金引(第3図)

 人間なら勢い▲3一角成と切り込むところだろう。だがじっと▲2五飛は驚いた。角を取られてそこでさらに▲4八金引と耐える。人間にはとても指せない手順だと思う。

第3図

 この辛抱が実ってやねうら王が勝利。改めてコンピュータ将棋の終盤力を思い知らされた将棋だった。もはや人間側が普通に戦っては勝てない時代がやってきているのかもしれない。


将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。