オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ツツカナ快勝、コンピュータが今年も勝ち越す

 第3回電王戦第4局、ツツカナ森下卓九段戦は135手にて先手のツツカナが勝利。コンピュータ側が3勝目をあげ、昨年に続き勝ち越しを決めた。

 本局は相矢倉の加藤流と似たような展開に。プロ間でも随分指されたことのある戦型で、森下九段としては最も力を発揮できる展開だっただろう。

第1図

 第1図は4七の金を△3八金とすり込んだところ。ここからのツツカナの指し手が印象に残った。

第1図より ▲5七金 △2八金 ▲同飛(第2図)

 誰もが▲1七角とかわせば後手が困っているのではないかと思っていたところで▲5七金という力強い手厚い一手を放つ。以下▲2八同飛となった局面は先手陣がさっぱりし、4筋、5筋の強大な厚みが生きる展開となった。

第2図

 数手進んだ第3図。先ほど入手した金を▲4四金と打ち込んだのが強烈。このようなジワジワした攻めは受けづらく、なかなか逆転を狙うのは難しい。結局ツツカナがこのまま押し切って勝利を収めている。

第3図

 ツツカナは昨年に続く勝利。昨年は中盤で無理攻めを決行するなど荒さも目立っていたが、今年は洗練された指し回しで、一年でここまで強くなるのかと感心させられた。コンピュータ将棋は想像以上の速さで進化しており人間にとっては年々厳しい戦いになっていきそうな気がする。


将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。