オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名人戦第1局、相掛かりの乱戦に

 第72期名人戦森内俊之名人-羽生善治三冠の第1局が今日からスタート。振り駒の結果森内名人が先手となり、相掛かりの戦型となった。

第1図

 第1図は後手が次に△7六飛と歩をかすめ取る手を狙った所。ここから一気に局面が動く。

第1図より ▲7七金 △8七歩 ▲8六金 △8八歩成 ▲同銀 △6六角(第2図)

 森内名人の▲7七金が力強い一手。対して後手の羽生三冠が△8七歩と踏み込んで一気に大決戦となった。互いに成算があってのことだろうが、一日目でここまで激しい展開になるのは非常に珍しい。

第2図

 本局も羽生三冠が激しく攻め立て、それを森内名人が手厚く受け止めようとするという両者らしい持ち味の出る展開となった。2日目も見応えのある応酬が見られそうだ。


相掛かり無敵定跡研究 (マイナビ将棋BOOKS)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。