FC2ブログ
オーストラリアドル

名人戦第2局、またも相掛かり

 第72期名人戦第2局、羽生善治三冠-森内俊之名人が昨日からスタート。注目の戦型は2局連続で相掛かりに。両者が意地を張り合うかのような展開となった。

第1図

 第1図が封じ手の局面。先手の羽生三冠が角金交換の駒損ながら2筋から攻め込んだところ。積極的でいかにも羽生三冠らしい展開である。一方森内名人も駒得で不満はない局面だろう。ここから先、どのように展開するのか楽しみだ。


よくわかる相掛かり (マイナビ将棋BOOKS)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ