オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名人戦第4局、羽生三冠の完璧な寄せ

 先日の名人戦第4局は羽生善治三冠が白熱の終盤を制して見事に勝利し、ストレートでの名人奪取となった。この将棋は改めて羽生三冠の終盤力のすごさを見せつける内容であった。

第1図

 第1図ではじっと▲1二竜と取るほうが普通の感覚だが、羽生三冠はあえて▲4一金と王手した。通常一段金は重い手とされるため、なかなか指せない一手である。おそらくこのあたりで最後までの手順を完璧に読み切っていたのではないだろうか。

第2図

 そして十数手進んで第2図。3一から打てるところをあえて▲4二角と近づけて打ったのが寄せの妙手で、△同金なら▲6三飛、△5二玉、▲5三香という筋があり即詰み。

 一見打ちづらい▲4一金が拠点となり、▲4二角の妙手を実現する。並みの棋士には真似できない寄せの構図であった。本局は名人戦にふさわしい名局であったと思う。


共鳴する頭脳 羽生善治対談集




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。