オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


羽生名人、快勝で1勝1敗に

 第27期竜王戦挑戦者決定戦第2局は、羽生善治名人が糸谷哲郎六段に快勝。第1局の借りを返してスコアを1勝1敗のタイに戻した。第3局は8日に行われる。

 本局は後手の糸谷六段が得意の一手損角換わりを採用。対して羽生名人は棒銀から積極的に指して局面をリード。第1図はすでに先手優勢の終盤戦。

第1図

第1図より ▲7四銀 △同玉 ▲3三歩成(第2図)

 ▲8四銀打などの手も考えられたが、羽生名人は▲7四銀とタダ捨てで決めにいく。そして▲3三歩成が飛車による開き王手。飛車を縦横に目いっぱい働かせる構想は圧巻である。

第2図

 第2図で△4四歩のような受けなら▲6六桂くらいで先手よし。糸谷六段は△8三玉とひねった受けを見せたが、▲7五桂から先手が一気によせて勝利。羽生名人の快勝譜となった。

 これで1勝1敗。羽生名人の永世竜王への挑戦を見たいという気持ちもある反面、若手のニュースター誕生にも期待したい。どちらにも頑張ってもらいたいという複雑な気持ちである。果たして挑戦権をつかむのはどちらだろうか。


迷いながら、強くなる (単行本)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。