オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


同型角換わりの進化

 先日の竜王戦第3局は糸谷哲郎七段お得意の角換わり腰掛け銀となり、最近では珍しい先後同型となった。

 この先後同型と言えば「富岡流」が有名で先手が有利なのではないかという認識が広まり、プロ間では激減した形である。だが、水面下での研究は進んでおり、現在でもたまに指されているようだ。

第1図

 第1図。従来と違い2筋の突き捨てを省略しているのが糸谷七段の工夫。有利とされていたはずの先手側が手を変えているというのは少し不思議で、省略した意図が何なのかは不明だが、深い研究があってのことだと思われる。

 対する後手の△8六歩も強い手で、こちらもかなりの研究があったのだろう。通常なら△4四銀と交わしておくところ。この手が有力となれば、後手番を持って指す棋士が増えるかもしれない。

 難解すぎる将棋でアマチュアレベルではなかなかついていけない戦型なのだが、今でもプロ棋士が相当な研究をしているのは確か。再びタイトル戦で多く指されるようになるかもしれない。


中村太地の角換わり 最先端への道案内 (マイナビ将棋BOOKS)




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。