オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネット将棋で気づかされたこと

自分は10年ほど前にネット将棋を始めたのだが、始めた頃はなかなか思うように勝てなかった。それほど点数の高くない人にもコロコロと負かされてしまうのだ。

なぜ勝てないのか考えてみると、ある一つの理由が思い当たった。それは対局中に相手の表情や仕草が全く見えないことである。これはネット将棋ならではの現象である。

実は将棋指しは無意識の内に相手の態度を見て、それで形勢判断をしている部分があるようだ。相手が慌てた様子であったり、ため息をついたりしたら、こちらが優勢だと判断しているのだ。それがネットだと相手の様子がわからないので、形勢判断が全くできないのである。自分でもここまで違うものかと非常に驚かされた。

それ以降は、純粋に局面だけを見て判断するように心がけている。そのおかげで少しずつ本当の実力がついてきた気がする。相手の様子がわからないというのは、ネット将棋の隠れた利点なのかもしれない。




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。