オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大晦日は森下-ツツカナ戦

 明日31日に電王戦リベンジマッチ、森下卓九段-ツツカナ戦が行われる。

 この対局は「森下電王戦システム」とも呼ばれるユニークなルールが採用される。人間側の秒読みが一手10分で、しかも継ぎ盤を使いながら読み筋を確認できるという内容。人間特有のうっかりやポカを可能な限り排除したときにどちらの技術が上回るのか、興味深い一局である。

 また継ぎ盤を使うということは、実際の対局中の読み筋をリアルタイムで示してくれるということでもある。プロ棋士がどんな手を読んでいるのか、またどのようなスピードで、どれだけの量の手を読んでいるのかがぼんやりと見えてくると思う。プロ棋士の強さの一端に触れることは、上達を目指すアマチュアにとってこの上ない有意義な機会なのではないだろうか。

 大晦日に将棋の一大イベントを用意してくれるのは将棋ファンにとって大変ありがたい。今後もこのような企画を長く続けてもらい、大晦日の風物詩となってもらいたい。


将棋電王戦棋士激闘録〈第3回〉




 
関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。