オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渡辺王将が押し切って先勝

 第64期王将戦第1局、渡辺明王将-郷田真隆九段は113手にて渡辺王将が勝利。3連覇に向けて好スタートを切った。

第1図

 初日に披露した渡辺王将の研究手▲5五銀左(第1図)は結果的に好手であったようで、先手がやや模様のよい将棋に。そこから郷田九段も必死にくらいつき難解な終盤に突入したが、最後は渡辺王将が相手玉への寄せを読み切って勝利をつかんだ。

 本局は渡辺王将の典型的な勝ちパターン。研究の深さで優位に立ち、正確な終盤の読みでそのまま押し切る。この「先行逃げ切り」こそが渡辺王将の一番の強みであり、それが遺憾なく発揮された一局であった。


渡辺明の思考: 盤上盤外問答




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。