オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いよいよ明日、A級順位戦最終局

 明日3月1日、羽生善治名人への挑戦者を決める第73期A級順位戦の最終局5局が一斉に行われる。今期は大混戦で、例年以上の盛り上がりになることは間違いない。ここで対戦カードと見どころを簡単に紹介したい。

森内俊之九段(3勝5敗) - 行方尚史八段(6勝2敗)

 2敗でトップタイの行方八段は勝てばプレーオフ以上が決まる重要な一局。前名人の森内九段が相手でしかも後手番と大変な状況だが、勝利をつかみとれるか。一方の森内九段は降級の可能性があり、こちらも負けられないところ。

渡辺明二冠(5勝3敗) - 久保利明九段(6勝2敗)

 挑戦者争いを左右する直接対決。久保九段は勝てばプレーオフ以上が決定、渡辺二冠は自身が勝ち行方八段が負けた場合のみプレーオフへ進出となる。5局中もっとも注目を集める一局となりそうだ。

広瀬章人八段(5勝3敗) - 三浦弘行九段(3勝5敗)

 広瀬八段はA級初参加ながら勝ち越しを決め、わずかながら挑戦権獲得の可能性が残る。一方の三浦九段は現在9番手と大ピンチ。敗れれば即A級陥落が決まる。

阿久津主税八段(0勝8敗) - 郷田真隆九段(4勝4敗)

 7、8回戦の連勝で星を五分に戻した郷田九段だが、まだわずかに降級の可能性が残る。勝ってきっちりと残留を決めたいところ。一方の阿久津八段は来期以降につなげるためにも1勝をあげることができるかどうか。

深浦康市九段(4勝4敗) - 佐藤康光九段(4勝4敗)

 どちらも挑戦権・残留争いに関わらない、いわゆる消化試合。だが互いに手を抜くタイプではないだけに力のこもった大熱戦が展開されるのは間違いない。



関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。