オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行方八段が初の名人初挑戦獲得!!

 羽生善治名人への挑戦者を決める第73期A級順位戦プレーオフの決勝、久保利明九段-行方尚史八段が行われ、150手にて後手番の行方八段が大熱戦を制して勝利。初の名人挑戦権を獲得した。

第1図

 本局は相振り飛車の戦型に。中盤から久保九段が激しく攻め立てペースを握ったように思えたが、そこから行方八段が本領発揮。中段に逃げ出した玉が寄せづらい恰好となりいつの間にか後手ペースの将棋となっていった。

 それにしても第1図はいかにも行方八段らしいしぶとさが表れた局面である。近年の好調ぶりを象徴するような粘り強い指し回しで、挑戦者にふさわしい将棋であったと思う。

 行方八段は41歳にして名人初挑戦。40代での名人初挑戦は45年ぶりのことだそうで異例のケースなのは間違いない。20代のときから抜群の才能を示していたが、ここにきて一気に開花した印象がある。羽生名人との七番勝負が本当に楽しみだ。


将棋世界 2015年 04月号 [雑誌]




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。