オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


解けなかった一手詰め

かなり昔の話になるが、自分が高校生の頃、どうしても解けない一手詰めがあった。今見ると簡単な問題なのだが。それが図の問題である。

1手詰

シンプルな問題で手も限られているのだが、当時は何故か正解が見えなかった。最初に▲3二飛成や▲2三飛成を考えたのだが、△3三歩と合い駒されて詰まない。

正解は▲3一飛成である。竜が間接的に玉をにらんでいるので、△3三歩と合い駒されても、▲同角成と取ることができる。よって合い駒利かずの詰みである。

一手詰めとはいえ、意外と難しい問題もある。有段者でも、実戦で簡単な詰みを見落とす場合が結構ある。終盤が苦手という人は、まずは一手詰めをきっちり解けるようになることが大事だと思う。

羽生の一手詰 (SUN MAGAZINE MOOK)







関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。