オーストラリアドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


羽生善治三冠、2日制は苦手??

先日の名人戦第1局は挑戦者の羽生善治三冠が森内俊之名人に敗れた。気になるのが、羽生三冠が2日制のタイトル戦において、このところあまりいい成績を残せていない点だ。2日制は名人戦、竜王戦、王位戦、王将戦の4つのタイトル戦があるが、この内、現在羽生三冠が保持しているのは王位ただ一つである。

そこで、2日制と1日制のタイトル戦ではどの程度結果が違うのか、検証してみたい。下の表が、羽生三冠の過去のタイトル戦の番勝負における成績である。

通算

2日制でも6割台の獲得率であり、並の棋士なら好成績と言える。だが、1日制はなんと8割台!!という凄まじい勝ちっぷりである。数字の上でも2日制があまり得意ではないと言える。

中でも竜王戦では獲得よりも敗退の回数が多くなっている。これは羽生三冠の強さを考えると信じられないデータである。あまり相性がよくない棋戦なのだろうか。


次に過去10年に限ったデータを見てみたい。

過去10年

1日制は依然として好成績を残しているのに対し、2日制は5割強程度である。通算の獲得率と比較しても、ガクッと落ちてしまっている。


2日制が苦手な原因として、体力面が考えられる。羽生三冠は他の棋士と比べても、圧倒的に多忙である。どうしても疲れが出てきてしまうのかもしれない。特に30代に入った頃から、その傾向が強くなってきているのではないか。

多くのファンは羽生三冠が名人位に返り咲くことを期待している。苦手な2日制の克服が、シリーズの鍵を握ることとなりそうだ。




関連記事


アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。