FC2ブログ
オーストラリアドル

詰め将棋の効能・その2

詰め将棋を解くことによって学べることはいろいろあるが、その中でも大きいのが、詰みの形がわかるようになることである。

将棋は9×9の限られた盤の中で行われる。駒の動きもあらかじめ決まっている。だから王様を詰ますときも、ある程度パターンが限られてくる。

そのパターンを知っているのと知らないのでは大違いである。あらかじめ知っておくことによって、実戦の際に短い時間であっという間に詰ますことができるのだ。この差はかなり大きい。これは読みというより、知識の違いである。

代表例として、詰みの形を3つあげてみる。

第1図

第1図は一間竜と呼ばれる形。後手が2一に合い駒をしても▲2二金と打って詰む。有名な形で、実戦でも頻出の手筋である。

第2図

第2図は金頭桂という手筋。△3三同金と取らせて▲2二金で詰みである。これは知らない人はなかなか指せない。受けの側もうっかりしやすい。これがわかると、初心者卒業と言っていいかもしれない。

第3図

第3図は飛車による空き王手である。これで合い駒も利かず、玉も逃げられないのでこの瞬間に詰んでいるのだ。

とりあえず3つほど例をあげたが、実際にはもっとたくさんのパターンがある。これらを一つずつ覚えるのが大事。
初心者のうちはいくら時間がかかっても構わない。慣れてくると、徐々に複雑な形の詰みも読み切れるようになってくる。そうやって実力をアップさせていくのだ。


ちなみにアマチュアでも有段者の人は上の3つの図が詰みだということを一瞬で認識できる。手を素早く読んでいる訳ではなく、あらかじめ詰みの形を知っているのだ。こういう形になれば詰み、というパターンをたくさん知っていて、瞬時に当てはめることができるのである。だから簡単な3手詰めなら、有段者ならそれこそ1秒で答えられる。
繰り返すが、パターンを覚えていくことが上達への道である。それには詰め将棋を解くことが最適である。

3・5・7手実戦型詰将棋―基本手筋をマスターし、級から段へ







詰め将棋の効能・その1

将棋の上達法の一つに、詰め将棋というものがあります。
いつでも空いた時間に取り組むことができ、終盤力の強化に非常に効果的な方法と言えます。

ところが、将棋愛好家の中には、詰め将棋は考えるのが面倒くさい、自分は実戦派だから必要ない、などと言って詰め将棋を解かない人も結構います。中には、実戦で同じ形が出るとは限らないから意味がないとまで言う人もいます。

しかし、詰め将棋は棋力向上に絶対に役立ちます。そこで、詰め将棋を解くことの効能を説明していきたいと思います。

こちらは上級者には簡単な3手詰めです。

問題図

まずは失敗例を。

問題図より ▲3二金打 △1二玉(失敗図)

失敗図

初心者の方なら、つい持ち駒の金を打ってしまうかもしれません。失敗図ではあと1枚金がなければ詰みません。逆に言えば、問題図で持ち駒に金が2枚あれば、ベタベタ金を打っていけば自然に詰むのです。しかし現実には金が1枚しかないため、もっと効率のよい手を指さなくてはいけません。

正解は ▲3一馬 △同玉 ▲3二金打(解答図)

正解図

▲3一馬という上手い捨て駒をすることによって、持ち駒の金が1枚だけでも詰ますことができます。つまり詰め将棋というのは、いかに効率よく駒を使うか、ということなのです。普通に指せば2枚必要なところを1枚で詰ませる。そのためのテクニックが凝縮されているのです。この駒の使い方というのは、将棋の基本中の基本と言うべきもので、序中盤においても必要になってきます。詰め将棋を解くことで、将棋の総合力がアップするのは間違いありません。

3手詰ハンドブック







アクセスカウンター
プロフィール

gyan

Author:gyan
30代の男です。棋歴は20年位で、アマ二段の免状をいただいております。居飛車党で横歩取りが得意。羽生善治先生の大ファンです。

日本将棋連盟モバイル
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
広告
おすすめ
人気記事ランキング
参加ランキング
ブログパーツ